m&aアドバイザリーの選ぶポイント

m&aの選び方

男女

幅広いネットワークを持っている

売手と買手の縁をいかに引き寄せるかがアドバイザーに求められる重要な役割の1つです。そのため、中堅中小企業同士のm&aの場合は、大企業のような公開情報が乏しいため、マッチングを成功させるには、人脈やネットワークが重要な役割を果たすのです。

実績がある

m&aはこれまでに数多くの企業が利用しています。そこで初めてm&aを利用する方であれば、これまでに数多くの実績のある企業を選択するといいでしょう。実績のある企業は、様々なサービスが充実しているため、安心してm&aを利用することができるのです。

信頼できる

アドバイザーによっては、強引なアドバイザーや情報を漏らしてしまうアドバイザーなどがいます。m&aをするにあたって、このようなアドバイザーであれば、既存の業務にも様々な悪影響を及ぼす可能性があるので、信頼できるアドバイザーが必要なのです。

経営方針と総合力

経営方針と総合力というのは、簡単にいうとm&aを手段の1つとして持ち合わせているのか、それともm&aを目標としているのかによる違いになります。m&aはある意味究極の選択であるため、経営者の要望に多くの面で答えることができる、総合力のあるm&aアドバイザーが良いといえます。

初期負担が軽く、成功報酬ベースとなっていること

基本的にm&aの契約は成功報酬にしている会社がほとんどです。しかし、中にはかなりの費用がかかるケースもあります。そのためm&aを依頼する際には、事前に料金を確認しておきましょう。

m&aのアドバイザー情報

m&aのサービスを行う上で、何か特定の資格が必要というわけではありませんが、中にはm&aの専門家と装う業者がいます。もし、そういったアドバイザーに依頼してしまうと様々なトラブルが生じるため、アドバイザー選びをしっかり行わないといけないのです。

m&aの口コミ情報

事業を拡大することができました。

複数の店舗を経営するために、一から新たな店舗を作ろうとしていたのですが、m&aを利用するほうがリスクを軽減させることができるというアドバイスをもらい、m&aを使って同業種の店舗を買収して店舗を増やしました。機材や従業員もすべて整っている状態だったので、手間が省けたのでよかったです。

合併しました。

新たなサービスが参入したことによって、価格競争が始まり売り上げは減少傾向にあり、何らかの対応が必要だと思いm&aに相談してみました。すると同業種で合併することによって、価格を安定させることが重要ということとなり、合併しました。今では、売上を安定させることができているので相談してよかったと思っています。

後継者問題を解決!

老舗の企業であるため、次世代へと引き継ぎたいと考えているのですが、後継者がおらず悩んでいました。そこで、m&aに相談してみると、社名を残して優良企業の傘下に入れるようにマッチングを行ってくれたのです。その結果、後継者が見つかり経営者として思い残すことなく引退することができました。

新規事業を展開するために利用しました。

新規事業の展開を検討しており、そのためにm&aを利用しました。そうすると、様々な企業と出会うことができその中から自分の目的と合った企業と合意することができたのです。今では、その他の企業とも手を組んでさらに事業を広げています。

経営が安定した。

経営が不安定で会社の売却も考えていました。しかし、m&aのアドバイザーの方は大企業の傘下に入れるように働きかけてくれて、今では大企業の傘下に入ることができました。その結果安定した経営をすることができています。

m&aについて

なぜm&aの活用が増えているのですか。

m&aの活用をすることで、実現できるメリットが多くあるからです。そのため、m&aが注目されています。m&aについて詳しい情報が掲載されているので、チェックしておきましょう。

大企業と中小企業のm&aの違いは何ですか。

m&aの目的です。大企業の場合は、ットワークの規模拡大のために行われますが、中小企業の場合は、経営の安定を求めるころや後継者問題を解決するために行われているのです。

なぜ会社売買にアドバイザーが必要なのですか。

それは、売手と買手の円滑なコミュニケーションと過不足のない取り決めを行うためなのです。m&aにおいて、様々な取り決めを行う際に中立的な立場に立ってくれる必要がとても重要なのです。さらに、m&aの交渉では、広範囲な取り決めが行われます。この取り決めにおいて優先度を考慮して、網羅的に双方が納得して定めていくことが必要となるのです。

m&aの会社の選ぶ際にはどういった観点から選んだらいいですか。

選ぶ際にチェックするポイントは、経験と実績があるということと、親身に相談に乗ってくれるということです。そして自分が信頼することができる会社を選ぶといいでしょう。

譲渡の相談について

m&aの相談は、早ければ早い方がいいです。そして、相談の際には会社の状況を見て最適な戦略を提案します。早めに相談することで、どのように対処するかをじっくり考えることができるのです。

広告募集中