企業を売却・買収について|成長戦略の1つであるm&aの仕組みについて

株式譲渡と事業譲渡

株式譲渡は、売却する側の会社が既存の発行済み株式を売却することによって、会社の経営権を譲り渡す方法です。一方事業譲渡は、事業そのものえお買手に売却する方法になります。また、1部門だけの売却やすべての事業を売却することもどちらも可能なのです。

企業を売却・買収について

握手

売却する理由「後継者がいない」

会社を売却する1つの目の理由は、後継者不在による売却になります。高齢者となったオーナー経営者の悩みは後継者をどうするかという問題です。後継者が見つからず、廃業や精算ということになるとこれまでの努力してきたことすべてが無駄になってしまいます。そればかりでなく、これまで付き合ってきた取引先や従業員の雇用への影響も心配なのです。

「資金の確保」

売却する2つの理由は、資金操りの確保があります。親会社と子会社で構成されているグループ企業において、親会社の資金操りの悪化により、優良子会社や不採算部門を売却して資金を確保するといったことが起こります。

「大手企業の傘下に入りたい」

売却する3つ目の理由は、大手企業の傘下に入るということです。m&a企業や上場会社の傘下に入ることで資本力や信用力、優秀な人材といった自社の弱い部分を補うことができるのです。これまでに自社では難しかった事業展開も可能となり、事業価値の向上が見込まれます。

買収する理由「事業拡大による企業価値の向上」

会社を買収する1つ目の理由は、事業拡大による企業価値の向上があります。自社の経営戦略やニーズに合った企業や事業を買収することで、事業の多角化や弱体部門の強化などを行うことができるのです。また、同業種での買収ではスケールメリットが生まれ、マーケットシェアの拡大を図ることができます。

「投資リスクの軽減」

2つ目の理由は、投資のリスク軽減です。新規事業の立ち上げに比べて、既存事業の買収は売上・利益などの動向が読みやすく、投資のリスクが少ないと言われています。また、スタッフや取引先などもそのまま引き継ぐことができるので、自社で一から行う必要がないため、事業の立ち上げる時間と労力を省くことができるのです。

広告募集中