株式譲渡と事業譲渡

株式譲渡とは、株式を相手企業に売り、その会社の経営権もそのまま渡すという形になります。そうすることで、会社としてはこれまでとほとんど変わることはありません。さらに、手続き上では簡単に取り行うことができるので、最近ではこのような株式譲渡が主流になりつつあります。一方の事業譲渡は事業を相手企業に売却するといったもので、これまでに築き上げてきた実績やノウハウを渡すことをいいます。この事業譲渡の場合は、会社の一部だけといった指定して譲渡できるため、契約を行う際には複雑な契約を行う必要があるのです。

企業を売却・買収について

握手

売却する理由「後継者がいない」

会社を売却する1つの目の理由は、後継者不在による売却になります。高齢者となったオーナー経営者の悩みは後継者をどうするかという問題です。後継者が見つからず、廃業や精算ということになるとこれまでの努力してきたことすべてが無駄になってしまいます。そればかりでなく、これまで付き合ってきた取引先や従業員の雇用への影響も心配なのです。

「資金の確保」

売却する2つの理由は、資金操りの確保があります。親会社と子会社で構成されているグループ企業において、親会社の資金操りの悪化により、優良子会社や不採算部門を売却して資金を確保するといったことが起こります。

「さらに経営を安定させたい」

売却する3つ目の理由は、大手企業の傘下に入るということです。m&a企業や上場会社の傘下に入ることで資本力や信用力、優秀な人材といった自社の弱い部分を補うことができるのです。これまでに自社では難しかった事業展開も可能となり、事業価値の向上が見込まれます。

買収する理由「事業拡大による企業価値の向上」

企業を買収することによって、新たなジャンルで売上を上げることができます。従業員もさらに増やすことができ、企業としても更に成長させることができるのです。また、これまでに自社が持っていなかったスキルを持ち備えている場合は、新たなネットワークで事業を展開することができるのです。

「投資リスクの軽減」

実際に新規の事業を立ち上げるとなると、それなりのリスクがかかります。しかし、すでに売上を出している企業であればこれまでの実績や売上などの統計を見て、ある程度予想を立てることができるのです。そのため、1から始めることよりもリスクが少なく始めることができるので、買収するほうがいいのです。また、従業員もそのまま契約することができるので手間をかけることなくしっかり運用することができます。

広告募集中