m&aを成功させるために重要となるポイント

企業買収を成功させよう!
最良の条件を提案してくれる業者をチェック!

m&aの基礎知識

男性

事業コンサルティング

事業継承は、経営の一大イベントです。実行にあたっては、会計・財務・法律にまたがる高い専門性が求められます。プロフェッショナルの視点からユーザーの真のニーズに沿った継承方法を模索して、ベストな答えを導き出してくれるのです。

m&aアドバイザリー

事業継承や成長戦略に悩んでいる経営者を支援するm&aサービスを行っています。案件の規模や国内外を問わずに目標を達成するまで、しっかりとサポートを行っているのです。事業の売却・買収、グループ再編、事業再生など、資本政策にかかわるあらゆる経営課題に対応します。

企業価値評価

譲渡対象となる事業のデューデリジェンスと、それに基づいた企業価値評価は売手と買手双方にとって意思決定の土台です。売手にとっては、経営実態を可視化しておくことで、実行にあたっている成約となる問題を把握し、事前対策を練ることができるのです。買手にとっては対象企業の事業実態を十分に調査することで、経営阪大に必要となる真実の情報を得ることができます。

よくあるご質問

相談だけでも大丈夫ですか。

大丈夫です。1度相談してもらうことで、m&aを進めるべきか進めるべきでないかを含めて検討できる情報を提供することができます。選択肢として、m&aを見据えているのであれば、早めに相談して頂いた方がいいでしょう。

地方でもm&aは対応できますか。

対応は可能です。全国にコンサルタントが配置されており、m&aの専門家が全国どこでも伺います。広域にわたるネットワークによって、売却と買収の情報を数多く持っているのです。

土日も対応していますか。

基本的に電話でのお問い合わせは平日のみとなっています。休日の場合は、お問い合わせフォームから必要事項をご入力して送信していただければ、後日連絡されてもらいます。

m&aの成立についてどのくらいかかりますか。

基本的にアドバイザリー契約を取り交わしてから早くて3ケ月遅くても6カ月程度が一般的です。とはいえ、m&aの内容によって時間がかかるケースもあるので、その担当したスタッフに直接確認してもらうといいでしょう。

個人保証の取り扱いはどうなりますか。

連帯保証や担保提供が自動的にm&aの譲渡先に切り替わるということではなく、解除の手続きが必要になります。連帯保証と担保の差し入れの解除はm&a成約時から早い時期に金融機関と交渉して、買収企業に肩代わりしていただくことになります。

広告募集中